firediary

田舎のアラフィフバツイチリーマンの読書記録

「第四の暴力」深水黎一郎

 

第四の暴力

第四の暴力

 

 ちょと極端な感じはしたけどめっちゃおもしろかった。テレビやマスコミの話ってどうしても嫉妬が混ざるから難しいよね。

「刑事弁護人」亀石倫子、新田匡央

 

刑事弁護人 (講談社現代新書)

刑事弁護人 (講談社現代新書)

 

 久々のノンフィクション。よくできたミステリのようにおもしろかった。 弁護士として最高裁判所の舞台に立つ。最高の仕事ですね。うらやましい。

「冤罪犯」翔田寛

 

冤罪犯 (角川ebook)

冤罪犯 (角川ebook)

 

 これまたおもしろかった。犯人は誰だ!?

「政治的に正しい警察小説」葉真中顕

 

政治的に正しい警察小説

政治的に正しい警察小説

 

 どれもこれもおもしろい短編集だった。(表題作がちょっと見劣りしたかも♪)

「ノーサイド・ゲーム」池井戸潤

 

ノーサイド・ゲーム

ノーサイド・ゲーム

 

 すっかりパターン化した池井戸潤のちょっっといい話。全ての展開が予想通りで驚きも学びも何もないんだけど目頭が熱くなるシーンがいっぱい。なんでしょねこれ。